"今考えられる最も簡単で気軽な無駄毛処理方法と言えば脱毛クリームであり、痛みもなくスムーズな脱毛ができます。
脱毛エステの中には脱毛クリームを使用して無駄毛の処理をしている店舗も出てきているのです。まだ医療レーザーが未発達だった時代には、何件か火傷やかゆみなどといったことが発生していたようです。
しかし、現状における医療レーザーの性能というのは確かなものであり、大きなトラブルは報告されていません。
医療レーザーのデメリットを挙げてみようと探してみたのですが、正直ほとんど無いと言っても過言ではありません。
しかし過去に医療レーザーを使用することで、火傷をしてしまったり、後遺症として痒みが発生したという報告もあります。

 

医療レーザー脱毛を実施している悪徳クリニックなどに騙されてしまい、トラブルに巻き込まれてしまった人が多くいます。
知名度もあり、テレビや雑誌などで大々的に宣伝をしているクリニックは、ほとんどデメリットは無いと言っても過言ではありません。"



良いことだらけの医療レーザー脱毛ブログ:18年09月21日

減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より体の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

体の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
体が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
食べる事の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
一日1500キロカロリー食べている場合、
7日間のうち2日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のライスを
いつもより多く食べるようにするのです。

2日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
2日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減した食べる事を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで体の脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。